CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
<< 虫 | main | 万年筆 >>
Nickelback ライヴ

Nickelback(ニッケルバック)@ 東京体育館 ('15.5.30)

待ちに待ったニッケルバックのライヴ@東京体育館。前回の武道館公演から3年ぶりの来日。東京体育館でのライヴなんて、ちょっと意外な気がしたけれど、天井が高く広々とした場所はニッケルバックの轟音ロックを堪能するには最適な場所に思えた。滅多に見られないニッケルバックのライヴを前に、ツアーTシャツを着て写真を撮りまくる人、笑顔でステージとサウンドチェックを見守る人、人の入り具合を気にして何度も後方を振り返る人(それは無用な心配で、2階席まで埋め尽くされてた)など、ファンの思いと期待が全方向から伝わってきた。ニッケルバックはファンの期待以上のライヴを見せてくれ、ファンはコール&レスポンスでしっかりと応えた。お互いの思いと熱が見事に一体になった、熱く感動的なライヴだった。曲が終わるごとに「アリガトウ!」と叫ぶチャドの笑顔も忘れられない。

19時ちょうどに会場が暗転すると、一気に会場内の熱が上がった。ステージに姿を見せるメンバーを大歓声で迎えた。一曲目の「Million Miles an Hour」から「Something In Your Mouth」へとヘヴィなナンバーを放ち、会場内は一気にヒートアップ。有無も言わせず惹き込む、轟音とパワフルなチャドの歌声は圧巻。「Photograph」「Hero」はじっくり聴かせ、会場にいる女性に捧げると言って歌った「Far Away」でみんなのハートを鷲掴み。『No Fixed Address』ツアーと冠したツアーでも、セットリストはこれまでのアルバムからのヒット曲を網羅してた。だから、どの曲でも観客のシンガロンが聞こえ、メンバーもそれをすごく喜んでいたかんじだった。メンバーのうしろの大スクリーンに映し出されるさまざまな映像も曲に彩りを添えていた。

中盤にはTシャツ投げのお楽しみタイム。バズーカから飛ばされるTシャツは、しっかりとスタンド席まで届いていた。受け取れた人は本当にラッキー。カラオケタイムと言って、他の国でもやっていた「Summer of '69 / Hotel California 」を観客に歌わせる場面も。またそれをわかるところだけでも一生懸命歌う日本の観客の姿にチャドは心を打たれていたみたいだった。

観客のプラカードに大喜びしたり、親近感を味わえて観客と一緒に楽しむ笑顔は隣のお兄ちゃん的な親しみやすさがあって嬉しくなる。やったことないけどと前置きしてメンバー紹介もあり。"my brother!"と紹介したのは、チャドのお兄ちゃんでありベーシストのマイク。常に観客に優しい笑顔を向けながら、ずっしりとしたベース音を鳴らしてた。バックコーラスとギターはライアン。たまにメインのヴォーカルをとるライアンは、チャドと同じく歌がうまくて素敵な声。そして、ロックバンドの中でもイケメンドラマーと紹介されたドラマーのダニエル。ちょっと恥ずかしそうだった。ドラムソロでは、大迫力のドラムで観客を魅了した。

「Too Bad」や「Rockstar」での大合唱に大満足の笑顔を浮かべたり、「She Keeps Me Up」ではコカコーラのペットボトルを掲げて踊る観客を指差して喜んだり、熱いだけじゃなく、なんとも和む場面も多かったのが印象的。「When We Stand Together」から「Figured You Out」と力強く熱いナンバーが続き、終盤の盛り上がりが最高潮に達したのが「How You Remind Me」。それぞれの思いを乗せた歌声が東京体育館中に響き渡った感動的な一幕だった。

そしてアンコール。この前に大きな地震があったらしい。どれくらいの人が気づいてたんだろう。チャドが突然地震の話をしたので何かと思ったら、ステージ上のメンバーは気づいていたらしい。そのアンコールの一曲目は、フーファイターズの「Everlong」。そう、これはフーファイターズの名曲中の名曲。この曲は、ライアンがヴォーカルをとった。そして本当に最後の曲は「Burn It to the Ground」。会場中が一丸となって飛んで歌った最高の瞬間だった。ニッケルバックのライヴで体験する音の厚さは半端ない。4人で出している以上の分厚さに耳がジンジンと痺れて、それがまた心地いいのだ。鳥肌と汗はライヴ中ずっと引くことはなかった。何度見ても感動のニッケルバックのライヴ。あらゆる場面、すべての曲がしっかりと頭と心に焼き付いてる。さて、次に会えるのはいつになるのでしょう。




1.Million Miles an Hour 


2.Something in Your Mouth 


3.Photograph 


4.Hero 
(Chad Kroeger song)

5.Gotta Be Somebody 


6.Far Away 


7.Edge of a Revolution 


8.Master of Puppets / Walk 


9.Too Bad 


10.Someday 


11.Animals 


12.Moby Dick 
(Led Zeppelin cover) (Drum Solo)

13.She Keeps Me Up 


14.Summer of '69 / Hotel California 


15.Rockstar 


16.When We Stand Together 


17.Figured You Out 


18.How You Remind Me 


Encore:

19.Everlong 
(Foo Fighters cover)

20. Burn It to the Ground

| ライヴのハナシ | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | |









http://www.bkhaldex.com/trackback/3271