CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
<< Song of the Day "Fire and the Flood" | main | 本 『陽気なギャングは三つ数えろ』 >>
本 『職業としての小説家』


これまでほとんど読んだことがない(あっても『アンダーグラウンド』くらい)村上春樹氏の小説を読んでみたい。この本を読んですごくそう思った。なんで今まで読まなかったのか(家には全作品があるのに)は、自分でもよくわからない。読みたいと思えたのが、自分でもなんだか無性に嬉しかった。
この本を読んでる時、実際にご本人が語ってるような感じがして、そして、そのソフトで控えめな語り口がとても心地よくて、ゆっくりと読んでいった。この時間を終わらせたくないなという気持ちがすごくして。この本にはいろんな思いや経験が、かなりざっくばらんに書いてあって、すごくおもしろい。村上春樹ってこういう人なんだって、これですべてがわかるわけじゃないけど、その人柄を少しでも知ることができるのも嬉しい。だって、人となりや、さまざまな物事をどう考えているのか(特に話題の賞についてなんかは)、どんな風に小説を完成させていくのか、やっぱりいろいろとすごく興味深い作家だから。これを読んでから小説を読むと、この本のことを思い出して、このことを言ってたのか!なんて思うところもあったりして面白いかもしれない。
さて、どの小説から読もうかな。

| 本のハナシ | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | |









トラックバック機能は終了しました。