CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
Noel Gallagher's High Flying Birds ライヴ
Noel Gallagher's High Flying Birds(ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)@武道館 (’15.4.15)


ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、3年ぶり待望のジャパンツアー。昨日4/15、ソールド・アウトの武道館公演に行ってきた。観客とにこやかにコミュニケーションするノエルの柔らかい表情に優しさが滲みでていて、とても温かい気持ちになった。そんな一面も見せてはいたけれど、歌っている時のノエルは俄然、カッコいい。歌を届ける、その姿勢は一貫して自信に満ちてる。無駄に動き回ることもなく、一曲終わればすぐにギターを交換して次の曲へと繋いでいく、とにかく曲を思う存分聴かせるというパフォーマンスに徹した姿は実に凛々しかった。ノエルの曲に聴き惚れた90分は、本当に至福の時間だった。

19時を少し回ったところで、クラクションのような音が大音量で会場に響くと、落ち着いた足取りでメンバーがステージに姿を見せた。ノエルの姿を見た瞬間には、待ってましたとばかりに、割れんばかりの大歓声が上がった。一曲目はクールなロック・ナンバーの「Do The Damage」。ノエルの歌声が聞こえると、一気に観客のテンションも最高潮に。男性が多く、手を振り上げることも飛び上がることもなく、ただその目はステージのノエル一点にじっと向けられてる。熱い眼差し。ほとんど動いていないのに体が熱くなったのは、会場に立ち込めた熱気と興奮によるものだったのかもしれない。

披露される曲の多くは、ニュー・アルバムの曲がメイン。スピード感抜群のロック・ナンバー「Look All The Doors」や「You Know We Can't Go Back」、哀愁を漂わせながら転調するインパクト大の「Ballad Of The Mighty I」、しっとりと聴き入る「The Dying Of The Light」に「Riverman」。前作からは「Everybody's On The Run」「If I Had A Gun...」「Broken Arrow」「What A Life!」、そしてイントロでひときわ歓声が大きかった「Dream On」など。どれもが名曲。メロディに合わせて気持ちよく体を乗らせたり、どっぷりと曲に聴き入ったりと、体も心もその名曲の数々に痺れた。ステージ後方の巨大スクリーンに映し出される曲に合わせた映像も、曲の世界を広げるのに大きな役割を果たしてた。聴覚と視覚で楽しめる演出だ。

「Champagne Supernova」は、ちょうど中盤に披露。静まり返った会場に流れるギターのイントロ。その曲がわかると、悲鳴にも似た大歓声が沸き起こった。どうしたって、期待をしてしまうオアシスの曲。本編のラストには大合唱の「Don't Look Back In Anger」。サビのパートではノエルはマイクから少し離れ、観客に歌わせた。完璧な大合唱が武道館にこだまし、全身に鳥肌が立った感動の瞬間。まさに、みんなで歌うための一曲なのだ。アンコールの最後には「The Masterplan」。スクリーンの中でキラキラと舞う色とりどりの鮮やかな花吹雪が、終わってしまう淋しさを煽るようでもあり、楽しかった、また次に会える日までと希望を繋いでくれているようでもあり、なんともジンワリとくる憎い演出だった。

今年のフジロックにノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは再び戻ってくる。あの大自然の中で聴くのは、また違った味わい深さがあるはず。山と大きな空にこだまするノエルの歌声と名曲の数々。あぁ、これは絶対もの凄く贅沢で貴重で感動的な時間になるのは間違いない。

| ライヴのハナシ | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Fall Out Boy ライヴ
Fall Out Boy(フォール アウト ボーイ)@Studio Coast ('15.3.30)





先週末のパンクスプリングに出演したFall Out Boy。彼らの一日限りの単独ライブを新木場スタジオコーストで見てきた。一日だけということもあり、チケットは完売。会場をぎっしり埋めた観客の期待に、文句なしに応えて聞かせて見せてくれた、アンコールなしの19曲。来ていた人たちみんなを、ロックで熱くさせ、ハッピーな気持ちにさせてくれる、最高のライヴだった。

『American Beauty/American Psycho』発売してから初のライヴでもあり、ニューアルバムからの曲が聴ける期待感はすごく大きかった。ライヴの超定番曲に混じってお披露目された新曲は6曲。ニューアルバムの曲は、どれもこれからのライヴで外せない曲になるだろう、強烈なインパクトを持つ曲ばかりだから、これまでの定番セットリストに選んでいくのが大変そうだ。その中でも「American Beauty/American Psycho」は、ウォウウォウのコーラスがインパクトがあるし、ノリやすくて絶対口ずさみたくなる曲で、今日のライヴでも新曲の中では、この曲が一番盛り上がっていた。

観客とのコミュニケーション担当のピートとパトリック。曲の間は、体をいっぱいに使って観客を扇動して盛り上げ、ぐいぐいとみんなを引っ張っていって一体感を作る。その2人とは対照的に、ひたすら寡黙に自分のパートに没頭するアンディとジョー。4人とも、再始動してから、ずいぶんと貫禄が出てきたように思う。

「Slept with Someone in Fall Out Boy…」「Sugar, We're Goin Down」「Grand Theft Autumn/Where Is Your Boy」での観客の大合唱は相変わらず鳥肌が立つものだし、「Dance, Dance」「I Don't Care」「My Songs Know…」「Thanks Fr Th Mmes」で待ってましたとばかりに観客を湧かせて盛り上がるパワーは衰えることがない。ラストは、定番の、これを聴かずしてライヴは終われない「Saturday」。最後の最後に、すべてのパワーを爆発させて完全燃焼、笑顔でライヴは終わった。

これまでと少しテイストの違うニューアルバムからの曲が加わって、さらにパワーアップした感じを受けたFOB。何年経っても、ずっと親しみやすい存在のバンド。楽しかった思い出と、その安心感に満たされたライヴだった。


セットリスト
"The Phoenix"(5)
"I Slept with Someone in Fall Out Boy and All I Got Was This Stupid Song Written About Me"(2)
"Irresistible"(6)
"Thriller"(3)
"A Little Less Sixteen Candles, a Little More "Touch Me"(2)
"Sugar, We're Goin Down"(2)
"Alone Together"(5)
"This Ain't a Scene, It's an Arms Race"(3)
"The Kids Aren't Alright"(6)
"Immortal"(6)
"Dance, Dance"(2)
"American Beauty/American Psycho"(6)
"Grand Theft Autumn/Where Is Your Boy" (1)
"Uma Thurman"(6)
"I Don't Care"(4)
"My Songs Know What You Did in the Dark (Light Em Up)" (5)
"Centuries"(6)
"Thanks Fr Th Mmes"(3)
"Saturday"(1)

1『Take This to Your Grave』
2『From Under the Cork Tree』
3『Infinity on High』
4『Folie a Deux』
5『Save Rock and Roll』
6『American Beauty/American Psycho』


| ライヴのハナシ | 23:45 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Incubus ライヴ
Incubus(インキュバス)@豊洲PIT ('15.3.6)



3年ぶりの来日公演。2012年のアルバム『If Not Now, When?』後のちょっとしたお休みを経て、再び戻って来たインキュバス。相変わらず、完璧な芸術作品と思うライヴ。本当に、あまりにカッコよすぎて、痺れてしまう。そして、本当に気持ちのいいライヴだった。

ステージ上のブランドン、マイク(g)、ホゼ(d)、ベン(b)、DJキルモア(ターンテーブル)の5人は、至って寡黙に、それぞれのパートに没頭してた。あまりしゃべらない曲間で、声を上げるのは観客のほう。「カッコいい!(男性の声)」、「ブランドン、早く脱いでー!(女性の声)」、「あの曲やって、この曲やってー!」などなど。その声を聞きながら、次の曲の導入パートに入る。このアレンジはライヴならではで、実にかっこ良くて曲をさらに盛り上げた。初っ端から「Wish You Were Here」「Anna Molly」と立て続けだったので、この日を待ちわびた観客の歓声と盛り上がりは、すでに最高潮になってた。

「If Not Now, When」や「Adolescents」、「Love Hurts」などのしっとりした曲は音に体を委ねて心地よく揺られる。後半の「Nice to Know You」「Pistola」「Megalomaniac」は、インキュバスのライヴはこれほど激しいものだったかと驚くほど、会場中が湧いて盛り上がった。

とにかくずっと黙々と己の仕事にのみ集中しているメンバーのその姿が、ものすごくクール。照明と映像と音と歌声が一体となって、見事な芸術作品を作り上げてる。相変わらず惚れ惚れとする容姿とカリスマ性を備えたブランドンに一番目がいくけれど、それも他のメンバーのバランスのとれた立ち位置や振る舞いにより、中心がより一段と輝いて見える。なんて美しいバンドなんだろうと、真っ正面から見ていてしみじみと思った。独特の音の世界観、美しさとスピード感とエッジの効いた曲、抜群の演奏力。この空間に2時間、まさに夢心地だった。

新曲「Absolution Calling」と「Trust Fall」をライヴでも披露。EP『Trust Fall (Side A) 』は3/24(現地)にリリース予定。新たなインキュバスの曲が聴けるのが楽しみ。

| ライヴのハナシ | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | |
One Direction ライヴ
One Direction(ワン・ダイレクション)@ さいたまスーパーアリーナ ('15.02.28)





5 Seconds Of Summer

1Dのオープニングアクトは、オーストラリア出身の4人組バンド5 Seconds Of Summer。けっこう人気があるバンドみたい。そりゃ、そうだ。かっこいい顔の男の子たちがポップな曲を演奏して歌うんだから。全員がヴォーカルをとるバンドって、ちょっと珍しい。コーラスのハモりが綺麗で印象的。一時期、ポップバンドってたくさんいて、イケメンとキラキラポップソングが溢れかえってお腹いっぱいな感じはあったけど、久しぶりに聴くとピュアっぷりがくすぐったくていい。ポップソングも、こういったバンドも不滅なのですね。


One Direction

ほっぺに1Dのペイントをした子が多かった。みんな気合いばっちり、準備は万端。そんな中に紛れるのはアウェイ感半端ないし、気恥ずかしさもあったけど、とにかくこのスーパーグループを絶対見たい気持ちがそんなものを吹き飛ばした。だってワンダイレクションだもの。

セットチェンジから、マカレナに始まりビヨンセやブルーノマーズなどが流れる中、まだかまだかと待つこと40分ちょっと。5人がステージ上に見えた瞬間の歓声ったら、凄まじかった。耳をつんざくような、あまりにすご過ぎて、思わず笑っちゃったくらいの大歓声。あの音量は気持ちいい。初めて見る1Dのライヴ。興奮しながら5人に釘付けになった。知ってる曲はほとんどないんだけど、ものすごく楽しかった。





5人ともそれぞれが、実力も歌唱力もある。みんなキラキラしてる。いい曲と夢と愛を、飾らずに伝えてる。なんだかみんな、夢と希望でいっぱいってかんじ。さらには人気者なのに、素朴なかんじがある。普通っぽいのに、輝くものをそれぞれが持ってる。普通っぽくても、普通じゃないんだよな。スポットライトを浴びる素質が元からあって、なるべくしてなったんでしょう。ハリー、ルイ、ゼイン、ナイル、リアム、5人がみんな魅力的だった。見に来たファンが、みんな幸せな気分になって帰れるライヴ。今をときめく超スーパーグループのライヴ、こういうのを体験するのは新鮮でいい。見たいと思う、期待以上のものを見せて楽しませてくれた。ステージ上の大きなモニターが高画質だったこと、照明や映像がポップだったのも印象的だった。





さいたまスーパーアリーナでの公演はあと2日ある。あの大歓声がまた、さいたまに響き渡るんだな。まだ、耳に歓声と1Dの歌がしっかり残ってる。なんか嬉しい余韻。
| ライヴのハナシ | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | |
The Sciript ライヴ
The Script(ザ・スクリプト)@ 赤坂BLITZ ('15.01.16)

 The Script(ザ・スクリプト)の待望の来日公演を見てきた。今や世界的に人気バンドとなったスクリプトのライヴを堪能できる貴重な一夜。海外での人気や知名度は高くなって日本との温度差もどんどん開き、もはやもう日本に来てくれることはないのではないかと半ば諦めていた中での、約6年ぶりの来日。この再来日を喜んでいたのはファンだけじゃない。ステージ上の彼らもこのもの凄く楽しそうにパフォーマンスをし、ダニーは何度もステージから降りてファンと触れ合い、この貴重な瞬間を喜び、全身で楽しんでいるのが感じられた。1時間半弱のライヴで、デビューからのヒット曲からニュー・アルバムの曲まで全13曲、どの曲でも涙腺決壊、感動で号泣の本当に素晴らしいライヴだった。
 赤坂ブリッツは、この日を待ちわびたファンでぎっしり埋め尽くされていた。開演19時、会場が暗転すると大きな歓声が上がり、メンバーの登場に続いて、ヴォーカルのダニーの姿が見えると、一段と大きな歓声で会場内が沸いた。ライヴはニュー・アルバムの「Paint The Town Green」でスタートし、「Superheroes」「Energy Never Dies」と続き、すでにここで凄まじい熱気に包まれた。デビュー・アルバムからの「Breakeven」「Before The Worst」「We Cry」「The Man Who Can't Be Moved」は、どれもイントロで大きな歓声が上がり、マイクを向けられた観客が大きな声で合唱していた。ダニーは、声を聴かせてくれと何度もマイクを観客に向け、観客がそれにきっちり応える。スクリプトと観客で作り上げるこの一体感は圧巻だった。アリーナクラスの会場でのライヴがほとんどのスクリプトからしてみれば、赤坂ブリッツは久しぶりの小規模会場だろうし、それだけにファンとの距離の近さをここぞとばかりに楽しんでいる感じがあった。MCでも曲間でも、観客とフレンドリーかつ丁寧にコミュニケーションを取る姿は、日本のファンもちゃんと大事にしてくれているのが伝わってきた。
 数多くのライヴをこなし、実力派バンドと言われるだけあって、演奏力、パフォーマンス力は圧倒的に、文句なく素晴らしい。曲はもちろんいい。哀愁を帯びた琴線に触れるメロディの良さも、歌詞に込められた切ない想いや力強いメッセージも、ライヴだとこんなに純粋に気持ちよく心に響いてくるなんて衝撃的だった。だからこその涙腺決壊。ライヴで泣くことなんてなかったのに、素直に感動して泣けた。ラストは「信じ続けろ、立ち向かっていけ」と鼓舞する「Hall Of Fame」。最後の最後まで愛に溢れたライヴだった。何度も、またすぐに戻ってくると言ったのがいつのどんな形になるかはわからないけれど、その時が実現するのを期待して楽しみに待っていよう。この日味わった感動、そう簡単に忘れられそうにない。彼らの音楽を、ライヴの素晴らしさを、もっと多くの人に知ってもらいたいと強く思ったライヴだった。

set list

Paint The Town Green (『No Sound Without Silence』)
Superheroes (『No Sound Without Silence』)
Energy Never Dies (『No Sound Without Silence』)
Breakeven (『The Script』)
Before The Worst (『The Script』)
We Cry (『The Script』)
Good Ol' Days (『#3』)
No Good In Goodbye(『No Sound Without Silence』)
The Man Who Can't Be Moved (『The Script』)
If You Could See Me Now (『#3』)
For The First Time(『Science & Faith』)

encore
You Won't Feel A Thing(『Science & Faith』)
Hall Of Fame (『#3』)

※『』内は収録アルバム

| ライヴのハナシ | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Hoobastank ライヴ
Hoobastank(フーバスタンク)@ Studio Coast ('14.11.26)



そして、待ってました、フーバスタンクが20:15過ぎ、ちょっと普通よりも遅めでスタート。なんだろう、あの安心感。普通はステージにメンバーが姿を見せると、言葉にならない、うわーってかんじが全身を駆け巡るのに、フーバスタンクの場合は、ニコニコって興奮よりも久しぶりに会えて嬉しいねって感覚になる。これが親近感なのでしょう。

今回は2年ぶりの来日公演。その間に新しいアルバムが出ているわけでもないので、当然セットリストは人気曲と鉄板曲がズラリ。これまでのライヴで必ず聴けて、盛り上がり必至の曲で突っ走ること約1時間半。グレイテストヒッツのライヴだった。

フーバスタンクというバンドは、曲のキャッチーさ、わかりやすさ、ノリの良さが揃っていて、それに心を鷲掴みにされるメロディが多いので、これは人気があるのも納得できるなと、今日改めて思った。ハード系の「Pieces」「Crawling InThe Dark」「Same Direction」「Out Of Control」、シンガロンなら「Just One」「Running Away」「Inside of You」「My Turn」、大合唱に包まれる「The Reason」「So Close, So Far」。どれもが、メロディも歌詞も覚えやすいしわかりやすい。このわかりやすさ、キャッチーさがフーバスタンクの最大の武器。そしてライヴはパワフルで楽しくてバンドとの距離の近さを感じられる。そう、親近感。メンバーみんな、隣のお兄ちゃんみたいな、そのかんじと距離感が嬉しいとしみじみ感じたライヴだった。

さて、次は来年?また戻ってくれるらしいし、きっと新しいアルバムも聴けるんだと思う。明日もまた、スタジオコーストでライヴがあります。

| ライヴのハナシ | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Hoobastankの前に
Hoobastank(フーバスタンク)@ Studio Coast ('14.11.26)



本日、Hoobastankのライヴ。ゲストアーティストのMan With A Missionのライヴが終わったところ。

この人たち、オオカミたち、か。とにかく、今日は誰のライヴに来たんだっけってくらい、会場全体が盛り上がるんだな。スゴイと思う。あの一体感。フーバスやオフスプリングとファンが見事に被ってるってことなんだね。それにしても、また「Smells Like Teen Spirit」が激しく盛り上がってた。しみじみと聴いちゃうような人はいないよ。マンウィズヴァージョンですっかり定着してるし、これがまたノリノリなんだからかっこいい。楽しめました。さて、続いてはメインのフーバスタンク。楽しみ。
| ライヴのハナシ | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Daughtry ライヴ
Daughtry(ドートリー)@ TSUTAYA O-EAST ('14.10.28)


ついに、この日が来た!アメリカを代表するロック・バンドDaughtryが、ついに日本に初来日!!「ドートリーは世界一のバンドだって、みんなに広めて! そうしたら、また日本に来られるから!」と言っていたけれど、今日のライヴを見た人たちは、間違いなく、絶対にみんなに伝えたくなる。もの凄いライヴだったんだと。これが、アメリカン・ロックだ!って。クリスも「なんでこんなに(日本に来るまでに)時間がかかったんだろう」と言っていたけれど、本当にその通り。デビューから約8年。アメリカでは絶大な人気と知名度があるのに、なかなか日本にその熱が届かず、もはや来日は無理かと諦めていた、その来日公演がようやくが叶った。

会場はO-East。15分前に会場入りすると、思っていた以上に場内は人で埋め尽くされていて、2F席も1Fフロアも人が溢れてた。90年代のオルタナティブ・ロックのBGMを聴きながら、その時をジリジリと待つ間、心臓の鼓動がどんどん早くなっていった。ついにドートリーのライヴを体験できる時が来る。観客も興奮と緊張を抑えられず、ソワソワしながら待ち続け、ほぼ19時ちょうどにライヴがスタートした。

クリスがステージに姿を見せると、大きな歓声が場内に響き渡った。迫力満点の「Baptized」でライヴはスタート。ヴォイズ・オブ・アメリカと称されるあの力強い歌声が聞こえると、一気に全身が熱くなる。あの声を、今ここで聞けてる。なんて幸せなんだ! 「Feels Like Tonight」「Renegade」「Traitor」「I'll Fight」など、パワフルでエネルギッシュな歌声に全身がビリビリと痺れる。あまりの興奮に何を演ったかおぼろげな記憶しかないのだけれど、「It's Not Over」はやってるはずだし、アコースティックでは「Witness」とアルバム『Leave This Town』からの曲をしっかりと聞かせてくれた。轟音なしの、アコースティックギターとキーボードだけになると、クリスののびのある歌声がより際立って沁みた。どこでマイクを向けても大合唱が聞こえ、「Battleship」での"Boom, ba-boom, boom, ba-boom, boom, boom"のパートをみんなで一緒に歌った時のクリスの笑顔がこの日一番だった。ファンの一体感と、会場全体で盛り上がってる光景に、クリスは「ここのみんなをアメリカに持ち帰りたい」とまで言って喜んでた。2005年に書いた曲で、誰かに響くものになるとは思ってもいなかったと言っていた「Home」で、みんな大感動。本当に素敵な心に響く曲。それを生で聴けたことで、これからも誰かの支えになる一番の曲になるんだろう。クリスのお気に入りという「Wild Heart」もCDで聴く以上に大きなスケール感で爽やか。アメリカの空気みたいなものを感じられた瞬間。曲の合間にファンの言葉を丁寧に拾って答える姿、歌ってる時も観客に手を伸ばしてサービスも精神旺盛だった。

アンコールは、スーパーマンのテーマで登場して「Waiting for Superman」、そしてカントリー調で軽快な「Long Live Rock & Roll」。クリスの音楽への思いが込められた歌でライヴは終わった。爽快感と笑顔と充実感。待った甲斐があった!そして今日は長く続いたツアーの最終日だったらしい。また日本に来たいと何度も言っていたので、ぜひ、今度はもっと多くの人に、アメリカン・ロックの代表、ドートリーの素晴らしさを体験してほしい。

"Battleships"
| ライヴのハナシ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | |
グラント来日公演中止
せっかく行こうと思っていたのに…。

Feeder(フィーダー)のフロントマン

Grant Nicholas(グラント・ニコラス)


明日から、東京 名古屋 大阪で来日公演の予定だったのが中止

久しぶりに行こうと思ったライヴで、
しかもグラントのソロだから楽しみだったのに。

残念。

"Safe In Place"



初のソロ・アルバムはアコギがメインで、とても自然を感じさせる優しいかんじ。フィーダーとは違う心温まる歌声とメロディが素敵。

| ライヴのハナシ | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Coldplay スペシャル・クラブショウ
Coldplay(コールドプレイ)@ Tokyo Dome City Hall ('14.6.12)





Coldplayは、本当に完成されたバンドだと思う。CDで聴く以上にドラマティックな音の世界を聞かせて楽しませて感動させてくれる。1時間半と、短いライヴだったけど、これでも満足と納得のいく濃厚なライヴだった。最新アルバムの曲を挟みながら、往年の名曲も聴かせる。まるで本当にベストアルバムを聴いている感覚。コールドプレイの良さはライヴを見て、はっきりとわかる。そこには、CDでは見えない、ファンタジーの世界が広がっていた。
| ライヴのハナシ | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | |
<< | 2/17PAGES | >>