CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
リストマニア
リストマニア (JUGEMレビュー »)
Listomaniacs,前田亜里
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スパイダーマン・ヴォルト
スパイダーマン・ヴォルト (JUGEMレビュー »)
ピーター・A・デイヴィッド,ロバート・グリーンバーガー
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS

One Fine Day

音楽/映画/本/旅行/ジムの話から日々の些細なことまで
思いついたことを思いのままに書いてます
映画『白鯨との闘い』
クリス・ヘムズワース主演の映画『白鯨との闘い』を観てきた。ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」に隠された真実の物語。捕鯨船エセックス号は、太平洋沖で怪物と呼ばれた巨大マッコウクジラに船を破壊されてしまう。乗組員たちは3艘のボートで過酷な漂流生活を送るはめに。絶望的な漂流生活のなかで、仲間が一人また一人と命を落としていく。生き残ったものたちは、そこで生き延びるための決断を下していくというストーリー。巨大クジラとの戦いがメインのアクション映画かと思ったら、実は人間ドラマだった。狭い船の中で、男たちのプライドがぶつかり合うのも当然。お金だけあって知識のないキャプテンと、経験豊富で頼れる兄貴的存在の一等航海士。この二人がぶつからないわけがない。ぶつかっていても、お互いがそれぞれのプライドから招いた悲劇を背負い、のちに友情みたいなのが生まれる。うん、ここはハッピー。とはいえ、数々の試練を乗り越え、息も絶え絶えの中でようやく救出されて祖国に戻ってみたら、起きたことは公言するなと言われ審判を受けることになる。本当は鯨油をたっぷり取って帰ってきて英雄になるはずだったのに。そう、やっぱり人間ドラマだった。観ている間は、大スクリーンに映る巨大クジラ(あまりに大きすぎて全体像がつかめない)に圧倒されて、あの怪物を前に乗組員たちはどうなってしまうのか、漂流しながらどうなってしまうのか、大海に放り出された彼らの行く末をただ案じるばかりだったけど。とはいえ、なんとなくポカーンとしたまま観て過ぎてしまった感じは否めない。一番印象に残った場面はといえば、「必ず帰ってくる」と妻に約束したチェイス(クリス・ヘムズワース)が、怪物との戦いで妻から預かったペンダントのヘッドを失くしてしまって愕然とする、そこですか。なんだか、そのがっかりとしたところが切なくて胸が痛くなった。やっぱりこの映画でも、クリス・ヘムズワースが一番のポイントだったようです、個人的には。

| 映画のハナシ | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『キングスマン』




コリン・ファース主演の映画『キングスマン』をDVDで観た。前日に友達と飲んでいてこの映画の話題になったばかりで、まさに絶好のタイミング。高級テーラーに営む紳士が、実はスパイ。これは面白い。演じるコリン・ファースがとても魅力的。なぜかスローモーションで映し出されるアクション・シーン、でもそれがいちいちさまになってる。身のこなしも、とても紳士的。これまでのスパイ映画とはひと味違う面白さとスリル感を味わえる。なんといっても、キレた演技を見せたサミュエル・L・ジャクソンが素晴らしい。彼のアシスタントの女性も、まるでキルビルのユマ・サーマンさながらで、俊敏な動きが美しい。どうなるこの展開と思いながら、コミカルさも交えて観ている人を引き込むストーリー展開がすごい。ラストのシーンで思わず感動してしまう。映画館で観たほうがよかったかな。

| 映画のハナシ | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『ブリッジ・オブ・スパイ』
スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の映画『ブリッジ・オブ・スパイ』。冷戦状態にあったアメリカとソ連に、スパイの交換交渉を命じられた弁護士の実話を基にした映画。信念を貫いた"不屈の男"ドノヴァンを演じたトム・ハンクスの演技、そして冒頭から最後まで強く引き込むストーリー。これは凄い映画。とにかくドノヴァンはトム・ハンクスでしかあり得なかったと思う。それほどハマり役。シビアな状況の中で、それでも人間同士の温かさを感じられる作品。"不屈の男"。それを貫いた男の強い意志と優しさに胸を打たれた。観るまでは、どんな内容かもよくわからず、眠くなるかと思っていたけど、なんとなんと、これほど引き込まれる作品はないと思えるほど素晴らしい映画だった。トム・ハンクスは立て続けに上映が決まっていて、この人なら外さないだろうなと期待は高い。
| 映画のハナシ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『スターウォーズ フォースの覚醒』
スターウォーズ フォースの覚醒』を観てきた。

『ジェダイの帰還』以来のスターウォーズ。エピソード1,2,3は観てない。今回観たかったのは、ハン ソロ、レイア、ルーク スカイウォーカーが登場するからという、エピソード4,5,6を観たスターウォーズ ファンなら待ってましたの理由。あの闘いのスリルや奇妙な生き物たちが集う様子とか、当時を鮮明に思い出させる構成や映像に懐かしさでいっぱい。えぇ!の展開にちょっとした切なさもおぼえた。居ずまいを正したら、拍子抜けみたいなのも、次があるからを思えば仕方ないか。なんだか懐かしさが込み上げてくる、ルーカスの作り上げたものをきちんと踏襲した出来だった。やっぱり、エピソード1,2,3もきちんと観ておくべきなのかな。それにしても、子供の頃に恋焦がれたマーク ハミルが、まさか!の出具合で、そこが次への期待に繋がるのかなとも思う。さらに、レイとルークの関係が次に明かされるのかと期待。フォースの覚醒って、こういうことだったのかと納得。なんだか懐かしい登場人物もあって、このシリーズの与える印象ってとてつもなく強いんだなと、20年以上の時を経て思った。エピソード8に期待。
| 映画のハナシ | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | |
DVD 『Blackhat』


マイケル・マン監督(『ヒート』)、クリス・ヘムズワース主演。

『アベンジャーズ』で観たマイティ・ソーのクリス・ヘムズワースがかっこよくて、他の作品も観たいと思って借りた『ブラックハット』。内容がよくわからない…。残念。凶悪犯ハッカーを追うストーリーなんだけど、ちょっとついていけない。クリスは、その凶悪犯を追う天才ハッカーで拘留中なのに保釈されて正義をかざして犯人を追うんだけど、普通の人なのに強すぎたり(敵がボッコボコ)して、ストーリーがなかなか入ってこない。演技も表情も仕草も、若い時のブラッド・ピット。相方の女の子と、すぐ恋仲になっちゃうのもなんだか不自然。近くにいる魅力的な女の子なら、誰でもいいんかあーい!みたいな。『ヒート』が好きだっただけに、もっと、入り込めるかんじのストーリーを想像してたんだけど、ちょっと残念。静かに進行しながらドンパチやる中にも、人間味みたいなものをかんじさせてくれたら、もう少しグイッと引き込まれたかな。クリス・ヘムズワースは、あの体(ムキムキ)がなんだかもったいない。マイティ・ソーのあのいでたちが強烈すぎ? これに懲りず、次は『ラッシュ』を観てみよう。F1レーサーのジェームス・ハントなら違和感なったかな。
| 映画のハナシ | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『Cake』


DVDで見た、ジェニファー アニストン主演映画『Cake ケーキ 〜悲しみが通り過ぎるまで〜』。

息子を不慮の事故で亡くし、自身も慢性痛で苦しむ女性の再生を描いた映画。あのキュートな印象とはまったく違う、心身ともにボロボロになった女性クレアを演じてるジェニファーの演技が素晴らしかった。くるくると笑顔を振りまく可愛らしい彼女の姿は、今回まったく見られない。ひたすら痛みと悲しみと喪失感に苦しむ姿は、痛々しくて切なくなる。この映画はどうやって悲しみを受け止めていくか、克服していくか、支えてくれる人の優しさを感じて前を向いていくかを、じっくり見せてくれる。説得力がある。ジェニファーは、さすが魅力的で素敵な俳優さん。彼女の真っ青な瞳に吸い込まれて、苦しみがダイレクトに伝わってきて、なんとも切なくなる映画だった。
| 映画のハナシ | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『ミケランジェロ プロジェクト』
ミケランジェロ・プロジェクト(原題:The Monuments Men)』を見てきた。第二次世界大戦下、ナチスに略奪された絵画や彫刻といった美術品を奪還すべく結成された特殊部隊モニュメンツ・メンの話。銃を持って戦うだけじゃなく、美術品や文化を守ろうと奮闘した人たちの姿を描いた、事実を基にした映画。監督、脚本、製作、主演、すべてを担当したのはジョージ・クルーニー。ジョージ・クルーニーとマット・デイモン、この2人だとどうしたって"オーシャンズ・イレブン"のイメージが拭えないんだけど、この映画はそのエンターテイメント映画とは打って変わって、淡々とストーリーが進む、どちらかというと地味な作品。きっと、ジョージ・クルーニーが伝えたかったであろう、モニュメンツ・メンという存在と、美術品を守ろうと犠牲になった人もいたこと、今残されている美術品にはそういう歴史や人の思いがあったことは、はっきりとしていてきちんと届いた。感動は、エンドロールで写される(恐らく)実際のモニュメンツ・メンの写真だった。これまでになかった違う視点で描かれた戦争映画。考えさせられるというより、ただその事実に驚いた作品だった。

| 映画のハナシ | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『ヴィンセントが教えてくれたこと』
隣人になった不良オヤジのヴィンセントと、ちょっと大人びた少年オリバーが少しずつ心を通わせていく心温まるヒューマン ドラマの『ヴィンセントが教えてくれたこと』。とことんダメなヨレヨレのオヤジをビル マーレイが好演。本当に素晴らしい!ギャンブルと酒と廃れた生活を送る口の悪いオヤジ。なのにチラっと優しさをのぞかせたりするところがズルい。嫌われ者なのに、この人のこと嫌いになれないと思ってしまう。人間味と愛情に溢れたキャラクター。こういうダメなオヤジって、なんか妙にホロっときちゃう。そんなオヤジの寂しさややりきれなさを救ってくれるオリバー少年。親の離婚を経験しているからなのか、やたらと達観した感じで口調も大人染みてる。憎たらしい子かと思ったら、気弱ないじめられっこ。ヴィンセントとオリバーの双方が求めているもの(頼られる存在や、父親のような存在)が一致してたから自然と心が通い合う。いろいろなことを経験してきたヴィンセントがオリバーに伝える言葉は説得力があって心を打たれる。原題の"St. Vincent"(セイント・ヴィンセント)とストーリ―が繋がるラストは感動的。ありがちなストーリーかもしれないけど、心打たれて、ほっこり温かくなった映画。人と人との繋がりっていいもんだとしみじみ思えた作品。

| 映画のハナシ | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『テッド2』


待ちに待った『テッド 2』を見てきた。テッド最高!面白すぎて、声を出して大笑い。下品だし、下ネタとブラックジョーク満載だけど、前回みたいに、ウルっと泣かせるシーンもあって盛りだくさん。テッドは人間か所有物か、マサチューセッツ州対テッドの法廷での争いはジョークにしか思えないのに、なんだか妙に考えさせられちゃったりするし、テッドとジョンの固い絆と互いを思う気持ちに、またジーンとさせられたりして、いいシーンももちろん多い。え?この人も出てるの?って、ちょっとびっくりの俳優も登場するから、そこも見逃せない。あー、テッドをモフモフしたい!

帰ってから1を見直したんだけど、そこで言ってた人があんなかんじで登場したのねって、2を思い出しながら新鮮な気持ちで見られた。テッドはやっぱり最高に面白い!

↓劇場でもらったテッドシール!

| 映画のハナシ | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | |
映画 『ジュラシック ワールド』
ジュラシック ワールド』を見てきた。ストーリーはあっさり、恐竜のクオリティの高さにびっくり!、ずっとハラハラドキドキできて、突っ込みどころはいろいろあったけど、面白かった。人間のエゴで遺伝子組換えて新種の恐竜なんか作るもんじゃないよね。調教(?)されたラプトルはちょっと可愛かった。

ハイテク機器を備えたパークは、サファリパークみたいになってたり、イルカショーならぬモササウルスショーがあったり、小恐竜ふれあいパークがあったりして、夢のようなところ。未来型っぽい乗り物ジャイロにも乗ってみたい。ワクワクするけど、やっぱり恐竜を甘く見ちゃいけないよね。だって恐竜だもの。

ラプトルを手懐けていたオーウェン(クリス ラプット)がカッコ良かった。パークで迷子になった兄弟も惚れたヒーロー的存在。逞しくて優しい頼りになるオーウェンが一緒にいてくれたら、あのパークも楽しめるかも。
| 映画のハナシ | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | |
<< | 2/19PAGES | >>